emon

ひなたぼっこ気分

雪が降りだしましたね。。

今週末は大雪注意報が出ているところもあり

なんだかソワソワしてしまいます。


起きたら真っっっ白!!だけは
勘弁してほしいところです…。


この時期の悩みは
どうやって暖をとるか。
です。


個人的にこたつは好きなんですが
ダメ人間になってしまうので(動かなくなるので)毎年悩みながらも買ってません。
あと、場所もとるし
掃除するときも面倒で…。
わたしみたいな極度のめんどくさがりには向きません。
それにこたつに入ってれば部分的に暖かいけど、空間は暖まらない。


で、ファンヒーター。
この威力は信州の冬には助かります。
冷え冷え~の部屋を一気に暖めてくれるのでね。
とりあえず、まずはファンヒーターをピッ。

でもしばらくすると
あの熱風による乾燥にやられてきます。

上だけ暖まって
息苦しい感じ。

洗濯物は一気に乾いて助かるけど
もれなく人間の水分も奪います。
カラカラのパサパサ。

そして止めたらあっという間に寒い。

足元はいつまでたっても冷え冷え。

ドライヤーに全身当たってるようなものですもんね。乾燥してあたりまえです。

埃も舞い上がるから
空気の状態は最悪だしね。


で、乾燥もするから加湿器の登場。

でも
加湿器の手入れ
面倒で好きじゃない。

今はどうかわからないけど
昔私が持ってたのは
インテリアショップでよく見かける背の高いタイプの加湿器。
煙突からモコモコ煙を出してシャレてる~♪なんて喜んでましたが、それも最初のうちだけ。

ぶつかったら倒れやすいし、
倒れたら水がこぼれるし、
定期的なフィルター交換?
そうじしないとカビ??

ィイーーーーーーーーッ💢ってなってました。

そして換気。

せっかくあたたまった部屋が
窓開けたとたん一気にクールダウン。
→ファンヒーターフルパワー。

なんだかなーって感じですよね。



お店で使っている暖房器具。
遠赤外線パネルヒーターです。


これね、見ての通りまぁるい形で
360℃暖めてくれるんです。


暖めると言っても
空気を熱するというより
人体、家具、壁や床を内部から暖めて、その輻射熱で部屋全体を均一に暖めるので『この部屋あっっっったか~~い!』っていうより、『寒くないぞっ』て体感です。
太陽が降り注ぐ
日当たりのよい部屋にいる感じ。
ほんわり暖かい。


オイルヒーターも同じ感じだけど、電気代もすごければ、暖まるまでに時間を要しますよね。

でもこれはスイッチをいれたそばからもわぁ~んと暖かいんです。


スイッチも分かりやすい!
この4つのスイッチのON・OFFで
4段切り替えができます。
電気代も7~27円(1時間あたり)。

一人で使う場合は
片面だけつけて、
みんながいるときは
全面に切り替える。みたいにすると省エネになります。


直接触っても熱くありません。

表面の平均温度は38℃。
火傷や火事の心配も無いので
小さなお子さんやお年寄りがいるおうちでも安心。
室内でペットを飼われている方にもお勧めです。

空気も汚さないし、乾燥もしないので
換気も加湿も必要無し。
転倒安全、過熱防止、火災防止対策済みケーブル使用など、安全装置も付いてます。


下部にはキャスターがついてるので
手押しで動かせて、女の人が持ち上げても重くない。
移動も楽ちんです♪


どうしても寒いときは
目の前に持ってきて足を乗せておくとじんわり中から暖まってきます。
お行儀がわるくてごめんなさい。。

でもね、これをすると
中から暖まってるってのがよくわかるんです。
靴下の中でもキンキンに冷えてた足先が、気づいたら冷たく感じなくなってて。
おーーーすげーーーーって思います。


芯から暖まるのを実感できます。

冷えとり的にも万々歳!


信州の冬は本当に厳しい。
だからこれひとつでオッケーとはいえませんが、ファンヒーターとパネルヒーターをONして、ある程度暖まったらファンヒーターをOFF、みたいな使い方をしてもらえたらいいと思います。



気になるかたはぜひ店頭でご覧くださいね。


ちなみにお値段は42,000yen+税。
なんと今時珍しい日本製
保証もしっかり、三年ついてます。
高品質の証、自信がなくっちゃ三年も付きません。


白とベージュがありますが
白は人気で残りわずか。

白が気になるかたは
どうぞお早めに~!

で、大事なこと忘れてましたが。
当店でご購入頂けます。

どうぞよろしくー。


  1. 2014/12/12(金) 18:02:11|
  2. 冷えとり&めんげん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<臨時休業 | ホーム | 臨時休業のお知らせ>>

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2014/12/12(金) 22:56:03 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://emonjikan.blog.fc2.com/tb.php/272-00ca5336
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)