emon

心も体もあたたかく


日曜日は冷えとり勉強会&ランチ会を開催しました。
ご参加くださいました皆さま
ありがとうございます。

秋は肺大腸の季節。
咳や鼻水で毒を出そうとしたり
便秘や下痢で出そうとしたり
皮膚トラブルも増える季節です。

そして、物事を悲観的に捉えやすい季節でもあります。
物悲しくなったり
人恋しくなったり…ね。


私をはじめ、みなさん思い当たる節があるようで、深く深く頷いたり、苦笑いしたり、今回も有意義な二時間でした。


検査をしたら数値が良くなっていた!とか
毎年薬を飲んでもぐしゅぐしゅだった花粉症が、今年は飲まなくても平気!!とかとか


皆さんご自身のペースで
無理なく冷えとりをされていますが、
みんなそれぞれ確実に結果が出てる。

これはすごいなーと思います。



自分の体は自分のものであって
自分だけのものではありません。

だって、病気したら
看病してもらったり
お医者さんに連れていってもらったり
会社休んだり
いろんなところに迷惑かけたり
お世話になることになりますもんね。



もちろん、どうしようもないことが起きたらお医者さんを頼って◎。

ただ、体の声を無視ばかりして
困ったらお医者さん…では
いくら病院があっても足りません。

ある程度
できる範囲で
自分の体の声を聞いて
対処する

体のちょっとした変化に気付けるのは
他の誰でもなく自分自身。
常日頃から体の声を聞く癖をつけることが
SOSを見逃さないということに
繋がる気がします。


冷えとりは
靴下をやたら重ねて履く変わった健康法。

残念ながら
こういう認識の方
少なくありません。。



今回の勉強会でもお話がありましたが、冷えとりの基本はこれです。


・頭寒足熱(字のごとく頭を涼しく下半身を温かくする)

・何事も腹七分目
(食事は良く噛んでゆっくりとる。
生活全般でもあれこれ詰め込みすぎない。)


・我執(こうあるべき、という執着) を捨ていつも心穏やかに


そうすることによって
体の巡りを良くして
老廃物や不要なもの
悪いものを外に排出できる
【本来あるべき姿(健康な体)】を
取り戻そうというもの。


頭寒足熱の状態を作るために
重ね履きがあるのであって
靴下を履くこと=冷えとり!とは
言っていないんですよね…。

この3つを見て
目が痛い?耳が痛い?かたも
多いと思います。

私も『守りきれていますか?』と言われれば自信をもってNOと言えます。

ただ、できる限り
これに近づけたいと思って
生活する。

これだけでも全然違うと思っています。



急に寒くなってきました。
体調を崩さないよう
心も体も温かく…
ぜひこれを意識して
寒い冬に備えてみてくださいね。




当店にも一気に冷えとりアイテムが揃いました。


売り切れていた
重ね履き用の五本指靴下をはじめ


薄手で使いやすく
ほどよいフィット感で大人気の
10分丈シルクタイツ&レギンス



新登場のシルク&ウールのレッグウォーマー


これね、
長野の冬には
欠かせないものになるはず…♡


裏がシルクで表がウールになってて
二枚の生地を袋状にしてあるので
空気を含んであったかいんです!








丈も幅もたっぷりなので
ゆったり目のパンツの上からでも。
丈が分かりやすいように、伸ばして着けてみました。
私の身長で、かる~く膝上までありました。
でもボリュームが出すぎないので
とても扱いやすいですよ。



そしてそして



定番のカラフルハイネック(cotton100%)も並びました!


今年の冬
のんびり来てもらいたいところですが、なんとなく?せっかちさんな予感がしています。。

あったかアイテムのご準備
お忘れなく~



にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ
にほんブログ村
↑clickで応援おねがいします♪


  1. 2015/09/30(水) 18:02:10|
  2. 入荷情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<人気のあの子が再登場 | ホーム | 春が待ち遠しい>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://emonjikan.blog.fc2.com/tb.php/446-b30292cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)